同窓会トップページへ戻る
入会のお誘い
経済学部のひろば
事業・行事案内
同窓会報より
同窓会特別講座
森嘉兵衛賞
会員短信
卒業生サービス
同窓会の案内
[同窓会からのお知らせ]同窓会からのさまざまなお知らせはここから
[リンク集]同窓会や法政大学関係のリンク集

[創立20周年記念事業]特設サイトへ

[卒サラ・起業家インタビュー・シリーズ]へ

法政大学経済学部同窓会事務局
〒194-0298
 東京都町田市相原町4342
 電話・FAX:042-783-2550
 (火・水・金曜 9時~16時)
法政大学経済学部同窓会会員短信>「第93回箱根駅伝予選会」第4位通過

会員短信

「第93回箱根駅伝予選会」第4位通過

高橋将昭(法政大学駅伝友の会事務局長)

 10月15日(土)、昭和記念恩賜公園で行われた予選会を4位で通過し、新年の箱根駅伝本戦への出場が決まった。本戦での快挙を期待したい。母校法政大学の箱根駅伝競走の近年の成績は低迷をきわめているが、法大卒業生駅伝ファンも総合優勝を念頭に改めて努力しよう。

まず、論ずる前に同窓先輩として責任を果たそう。
①、具体的な形を以て応援する。駅伝の応援は難しいのです。神宮球場で六大学野球を応援するのとは全く違い、230kmの長い帯状の道路を、選手は一瞬で通過して行きます。そこで、必ず個人でも団体でも統一された母校の幟旗(のぼりばた)を持ち、高く掲げよう。幟旗を高く掲げることが応援するという事で、行っただけなら見に行ったと言う事です。
②、「駅伝友の会」に入会し、年会費3000円を納入してください。本会は、駅伝チームに助成金を、毎年150万円を「リーディング・ユニバーシティ‐法政」を経由して贈呈しています。全会員の年会費納入額を大幅に上回る額です。会員皆様の年会費100%が送られています。
③、このような形の応援を強い伝統の姿とし、出しゃばらずされど尻込みせず、強いメッセージを後進に伝えて行くことです。

 法政大学駅伝友の会は、経済学部卒業生有志の皆さんで発足し今年20年を迎えました。その間、法政チームの成績も低迷し、会員の皆様には何もお応えすることができないままです。本来ならば賑々しく友の会設立20記念行事をなすべきなのでしょうが、その雰囲気が生まれてきていません。もし、現山口光弘会長(昭和32年経商卒)以下役員体制の時、法政の箱根駅伝総合優勝がなされた場合、全会員へのお礼と感謝の気持ちを、会員の氏名と出身地を明記した銘板を作成し、強き伝統の姿を多摩キャンパスのフィールドに設置し顕彰したいと考えています。

 近年の応援の柱は、法政大学後援会の皆さんです。ネットワークがあり学生の父兄ですから、若く行動力があります。統一されたオレンジの幟旗が、集団で駅伝コースや、ローカル・テレビで多く見られるようになりました。他校にひけをとらないこの応援の姿は、箱根路を母校の名誉を背負って疾走選手に大きな力となっています。

 同窓の皆さん今後とも宜しくお願いします。
(入会のお申し込みは、服部弘子、電話;090-8179-7604まで)