同窓会トップページへ戻る
入会のお誘い
経済学部のひろば
事業・行事案内
同窓会報より
同窓会特別講座
森嘉兵衛賞
会員短信
卒業生サービス
同窓会の案内
[同窓会からのお知らせ]同窓会からのさまざまなお知らせはここから
[リンク集]同窓会や法政大学関係のリンク集

[創立25周年記念事業]特設サイトへ
法政大学経済学部同窓会は
創立25周年を迎えました


[卒サラ・起業家インタビュー・シリーズ]へ

法政大学経済学部同窓会事務局
〒194-0298
 東京都町田市相原町4342
 電話・FAX:042-783-2550
 (火・水・金曜 9時〜16時)
法政大学経済学部同窓会経済学部のひろば通教支部だより>2013年度
経済学部のひろば

通 教 支 部 だ よ り (2013年度)
【2014.3.24】通信教育部学位授与式で同窓会入会を勧誘・さっそくの成果!
 去る3月24日に行われた通信教育部学位授与式に於いて、経済学部同窓会入会案内を配布しましたので、その状況をご報告したいと思います。
 当日は、村串先生を中心に通教出身の平川忠勝さん、中村寿徳さん、小生の4名がホテルメトロポリタンの学位授与式会場に参集し、経済学部の卒業一人ひとりに「同窓会入会案内資料」を手渡しました。
 ところが、同窓会で準備した同資料は瞬く間に在庫切れとなってしまいました。何故かというと、今年は例年になく、経済学部及び法学部の卒業生がとても多かったのです。
 同窓会で準備した入会案内資料は、例年の実績を考慮して50部程でしたが、それが、あっという間になくなってしまったのです。その為、持ち駒のなくした私達は、とても悔しい思いを残し、同ホテルを後にしました。
 その後、懇親会での学校側発表で分かったのですが、今年から経済学部と法学部の卒業論文が任意単位となった為、卒業生が大幅に増えたとのことでした。尚、同発表によれば、今年の通教卒業生は、388名(昨秋39名、今春349名)で、これは例年になく大きな数字だそうです。そして、通教卒業生累計では20,812名とのことでした。
 また、今年の卒業生の最高齢者は88歳、そして卒業まで最も長く在籍された方は、1958年10月に入学された方だそうです。いずれにしても、驚くばかりで、生涯学習として通教に傾倒する小生としては、全く頭の下がる思いです。
 これらの方々が私達と同様の経済学部かどうかは分かりませんが、少なくとも同じ法政大学通信教育課程の同窓生であることには間違いありません。穏やかな春の日、勇気とやる気を頂いた一日でした。(文・古谷/写真・村串)(画像をクリックすると、大きな画面が出ます)

追記
 同窓会加入の勧誘のおかげで、3月24日の卒業式の日に1名、その後、ホームページを通じて3名、事務局に文書を通じて3名、合わせて7名の入会申し込みが、4月16日までにありました。有難うございました。ホームページ編集部)

【2013.9.30】9月14日開催の学生会東京城南支部「卒業論文に関するイベント」報告
 去る9月14日、市ヶ谷キャンパス外濠校舎の隣にあった女子校を改修した富士見坂校舎のF301教室にて、学生会東京城南支部の「卒業論文に関するイベント」が開催されました。
 感想としては、よく準備された企画で、城南支部の役員の方々の手際の良い運営と、講演会自体も、今年卒業された方などは、フルタイムで働きながら勉強する方法と、卒業論文を書く際の注意点などをプロジェクターを使用したプレゼンテーションで分かりやすくテキパキと説明するなど、大変レベルの高いもので、いつもながら感心いたしました。
 私は「法政大学経済学部同窓会常任幹事の中村寿徳です」と、いつもながら厚かましく専ら同窓会の宣伝の様な感じで参加させていただいておりますが、今回は、長らく通信教育の卒論指導もされていた萩原進教授の最終講義の記念にいただいた布張りの退職記念号を持参し、萩原教授の最終講義のお話をさせていただきました(写真)。また、本同窓会でも副会長として私達の面倒を見て下さり、もちろん、本学の通信教育にも多大な功績のある村串名誉教授の退職記念号も持参いたしましたが、在学中の方々との質疑で話題となる先生の寄稿文が掲載されており、そういった資料を御紹介出来た点も良かったと思います。
 今回、意外だったのは、参加された方で都内の国立大を卒業され、教員をされていた方で、現在、法政大学の通信教育を受講されている方がいらっしゃり、お話を伺ったところ、法政大学の講師陣を非常に高く評価されておりました。法政大学の通信教育が、他校を卒業され教育の世界にいらした方からも評価されているという点は、誇るべき側面だといえると思います。
(文・中村/写真・学生会東京城南支部提供)(画像をクリックすると、大きな画面が出ます)

【2013.9.18】経済学部同窓会入会の弁
 通信課程で経済学科を10年かけて卒業する事が出来ました。卒業論文科目は、社会政策で提出致しました。社会政策と言いますと、私が入学した当時は、村串先生が担当、その後は萩原先生へと変わられました。ですので、私は、村串先生の、リポート設題、単位修得試験を受け、その評価や卒論関連は、萩原先生に指導して頂きました。そして、無事卒業でき、経友会に入会出来たことを嬉しく思います。
 本年度の卒業式・祝賀会にも参加し、文学部には芸能人の方も在籍していたことを知り、楽しい食事会となりました。今回経済学部の卒業生は約25名前後かと思います。卒業後も、法政大学の学友たちと繋がっていたい、そんな思いで入会いたしました。
 先輩の卒業生から、経友会については、聞いておりました。ホームページをみて通教コーナーもあり、入りやすい同窓会だと感じました。後に会報を読んで知ったのですが、祝賀会の時に経友会の資料配布をしていたとのこと。気付かなかった人は多いと思います。もう少し積極的な勧誘でも良かったように思います。
 私も通教生の時は、仲間たちと兵庫支部の活動を役員としてやっておりました。しかし、年々大学からの予算が厳しくなり、現在では運営しておりません。こうした同窓会の運営も大変かと思います。各地域別支部があれば、学友たちを身近に感じることが出来るようにも思います。
 今後は同窓会の活動に積極的に協力出来ればと思っております。(文・朝冶 弘<2013年卒>)

【2013.6.30】通教支部の皆様へ
 この度、同窓会報(第58号)5頁「通教支部からのお知らせとお願い」でご案内した通り、同窓会報の一隅に「通教コーナー」が設けられました。我々通教卒の仲間たちの交流、情報交換の場として活用できればとの願いが込められています。
 でも残念なことに本日現在、まだ、どなたからも寄稿がありません。そこで皆様にお願いです。是非とも同コーナーへのご寄稿をお願いします。皆様の近況、ご意見、ご希望その他、内容はどんなことでも結構です。送り先は同窓会事務局、締め切りは7/10頃となっていますが、詳細は会報をご覧頂ければ幸いです。皆様からの原稿お待ちしております!
(文・2008年商-古谷 昇)