同窓会トップページへ戻る
入会のお誘い
経済学部のひろば
事業・行事案内
同窓会報より
同窓会特別講座
森嘉兵衛賞
会員短信
卒業生サービス
同窓会の案内
[同窓会からのお知らせ]同窓会からのさまざまなお知らせはここから
[リンク集]同窓会や法政大学関係のリンク集

[創立20周年記念事業]特設サイトへ

[卒サラ・起業家インタビュー・シリーズ]へ

法政大学経済学部同窓会事務局
〒194-0298
 東京都町田市相原町4342
 電話・FAX:042-783-2550
 (火・水・金曜 9時~16時)
法政大学経済学部同窓会>教授会だより経済学部のひろば>通教支部だより
経済学部のひろば同窓会だより教授会だより学生だよりゼミOB・OG会だより|通教支部だより|同窓会談話室

通 教 支 部 だ よ り

【2017.4.4】2017年3月学位授与式に参加して

 天候に恵まれた3月24日(金)の東京・千代田区。午前は、大学全体による日本武道館での学位授与式に参加しました。
 式典は、田中優子総長による告辞をはじめ、有名な卒業生を来賓に迎えての祝辞や、昨年のオリンピックで活躍された選手の特別表彰など、法政らしい豪華な内容となりました。
 武道館での式典終了後、午後からの通信教育課程の学位記交付・祝賀会参加のために飯田橋のホテルメトロポリタンへ移動。2016年度は315名(昨秋77名、今春238名)の通教生が卒業を果たしました。会場では村串同窓会事務局長や同窓会通教支部の会員(一人は北海道在住の経友会員)の方々が熱心に入会案内をされておりました。
学位記を受け取り、そのまま祝賀会へ突入。同伴者併せて157名が参加されました。祝賀会では他の卒業生や教職員との会食を楽しみながら、途中、卒業学部ごとの記念撮影や応援団とチアリーダー部による嬉しい演出がありました。
 通教祝賀会を終えた後、札幌スクーリングでご一緒する事が多かった経友会員と市ヶ谷キャンパスへ移動。富士見坂校舎地下の生協食堂で行われていた経済学部(通学課程)の祝賀会に顔を出し、かつて札幌スクーリングを担当された経済学部教授と再会し、スクーリング当時の写真を教授と懐かしみました。最後はボアソナードタワー25階のスタッフクラブで経済学部同窓会主催の懇親会に参加し、辻田会長をはじめとした経友会役員のみなさんと初対面。素晴らしい1日となりました。

(一卒業生)



【2015.10.10-12】札幌市スクーリング報告

 10月10日から3日間の日程で、恒例の札幌市スクーリングが「TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前」で行われました。講義科目は経済学、法律学特講、総合特講などが開講されました。経済学の講義は、かつて通信教育部長をお務めされた屋嘉宗彦教授がご担当されました。講義シラバスによれば、ピケティの理論などにも触れながら現実世界の経済格差問題について経済学がどう取り扱ってきたかを考える、という内容でした。
 初日の講義終了後、地元北海道ブロック学生会のご協力のもと、通信教育部による恒例の「通教生のつどい」が同じ会場で開催され、皆さま学部を超えての楽しい交流会となりました。参加された方々は、学習上の苦労話や情報交換をしたり、あるいは久し振りの再会を喜び合うなど、それぞれが有意義な一時を過ごされていました。
 ここで私は偶然にも北海道ブロック学生会の川南さんにお会いすることができました。川南さんは現在、経済学部商業学科4年に在籍中で、同学生会の代表を務められており、経済学部同窓会報の「通教支部だより」へも何度か投稿して頂いておりますので、皆さまもお名前はご存知かと思います。
 とても勉強熱心な方で、また面倒見もよく学生会の中心として積極的に活動されています。日ごろ通教支部だよりへご協力頂いています方との偶々の出会いでしたので、合わせてご報告した次第です。川南さんには、今後とも経済学部同窓会通教支部へのご支援をお願いしたところです。ご卒業後は、是非とも経済学部同窓会に入会して頂きたいですね。

(文責:古谷)



【2015.3.24】今年も、ホテル・メトロポリタンエドモントでの同窓会入会のご案内を行いました

 去る3月24日、法政大学の通信教育課程卒業者の学位授与式と祝賀会が、例年通り飯田橋にある、 ホテル・メトロポリタンエドモントで行われ、経済学部同窓会も、昨年同様、学位授与式で同窓会入会のご案内をさせていただいきました。
 通信教育課程卒業者の学位授与式と祝賀会では、毎年、祝賀会の本会場となる大きなホールのすぐ横の豪華な広めの一室で学位記の授与が行われます。今年も経済学部同窓会通教支部は、その学位記授与式の室内にテーブルを用意していただき、同窓会入会のご案内を行った次第です。
 私達が準備を終え、近況などについて歓談していると、卒業生の皆様が部屋に入って来ます。
 昨年は、例年と同じように経済学部の卒業者は40人くらいだという事で、資料を40部しか用意しなかったのですが、卒論が必須から選択になったため、卒業者が倍数となって、資料が不足してしまいました。今年は、事前に通信教育部から情報を得たとの事で、100部ほど資料を用意してもらいました。
 通信教育の卒業生は年齢も幅があり、職業や境遇が、些 細な事からも伝わって来るようなに感じます。定年を迎えてから勉学に勤しんだと感じさ せるご夫婦、仲の良い娘さんとお母様、小さなお子様を連れて学位授与にいらっしゃった若 いご夫婦からは、力強い、活力の様なものを感じざるを得ません。通信教育の課程を修了 する事は簡単ではなく、在校生にも教育関係者や、自分の関心から何某かを研究されてい る方など、勉学に前向きな方が多いせいか、妥協せずきっちりと学習するのが法政大学の 通信教育の特徴でもあり、単位の修得は比較的高い理解を求められます。そんな法政大学 の通信教育を仕事をしながら、子育てもして、夫婦で仲良く学習するというのは、相当に 闊達なご夫婦であられるという事でしょう。卒業生の方々の姿を見ているだけで私達も良 い刺激を受ける様にも思います。
 通信教育の場合、皆さんそれぞれ異なった境遇の人達という事になりますので、折角、 この様に活力に溢れる人達が集まる機会があっても、卒業後はなかなか、交流の機会が限 られるという事もありましょう。自分の知る限り、職業だけでも教員、工学系研究員、電 子系研究員、事務官、自営業、広告代理店等々、と様々です。結果、どうしても卒業して しまうと交流の機会が限られるという事になりましょう。そういった時、何某かのお力に なれれば、と同窓会スタッフとして再認識する機会でもありました。ぜひ経済学部同窓会へ入会し、卒業生同士の親睦と交流をおこない、法政大学への関与を続けていただきたいです。(文・中村、写真・村串)




入会の説明をする経済学同窓会員


通教生の学位授与式





これ以前の「通教支部だより」
 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度



Bulletins of the Section of Correspondence Education
 経済学部同窓会通教卒業生支部通信No12(PDF 2016.3.24)