同窓会トップページへ戻る
入会のお誘い
経済学部のひろば
事業・行事案内
同窓会報より
同窓会特別講座
森嘉兵衛賞
会員短信
卒業生サービス
同窓会の案内
[同窓会からのお知らせ]同窓会からのさまざまなお知らせはここから
[リンク集]同窓会や法政大学関係のリンク集

[創立25周年記念事業]特設サイトへ
法政大学経済学部同窓会は
創立25周年を迎えました


[卒サラ・起業家インタビュー・シリーズ]へ

法政大学経済学部同窓会事務局
〒194-0298
 東京都町田市相原町4342
 電話・FAX:042-783-2550
 (火・水・金曜 9時〜16時)
法政大学経済学部同窓会経済学部のひろば学生だより>2012年度
経済学部のひろば

学 生 だ よ り (2012年度)
【2012.12.8】第3回プレゼン大会に参加して
 12月8日(土)13時から、百周年記念館国際会議場で173人が参加して、第3回プレゼンテーション大会が行われました。参加チームは過去最高の36チームで、入賞チームは、金賞が吉川チーム(永岡ゼミ)、銀賞が田中チーム(つる見ゼミ)、銅賞は馬場チーム(馬場ゼミ)でした。
 私にとってプレゼン大会に参加するのは先にも後にも今回だけです。そして同じように、初めての人も、同じように、最後の人もいたかと思います。そういった各々に思い入れのあるこの大会に参加する“意義”とはなんでしょうか。私は“刺激”だと思います。それぞれのテーマで、それぞれに頑張って作ったパワーポイントで、緊張しながらも伝えた本番で互いに生み出した刺激。また、当日までに共に努力したメンバー同士の刺激、そういった刺激の交換というものが、今後、この法政大学経済学部の活力に繋がるのではないかと私は思います。確かに結果も出ますし、嬉しい思いも悔しい思いも、頑張った分だけしますが、それよりもこの刺激が大事だと、このプレゼン大会を通じて感じることが出来ました。これは私の財産です。またこのような素晴らしい機会を設けてくださった学生会、経済学部同窓会のみな様には深く感謝すると共に、来年の成功をお祈りしたいと思います。(文・経済学科2年 室屋大祐/写真・中島、菅野)(画像をクリックすると大きな画面が出ます

プレゼン大会開会式
プレゼン大会開会式
プレゼンテーション風景
プレゼンテーション風景
喜びの金、銀、銅賞入賞チーム
喜びの金、銀、銅賞入賞チーム
懇親パーティ
懇親パーティ

【2012.10.17】第19回就職セミナーを開催
 毎年同窓会が力を入れている就職セミナーが、10月17日(水)夕刻から多摩キャンパス社会学部棟202教室で開催された。主催は経済・社会・現代福祉学部同窓会、後援は前述の各学部教授会の他、スポーツ健康学部教授会とキャリアセンター。このセミナーは主としてこれから就活を始めようとする3年生以下の学生が対象。仕事選びや就活に役立ててもらうため、多摩キャンパス卒業のOB・OGにパネラーとして参加願い、経験談や参考となる考えを話してもらうもの。パネラーは経済卒のOG2名、社会卒のOB・OG2名の方々に来ていただいた。ちなみにコーディネーターは社会学部の中筋直哉教授。
 初めにパネラーから自己紹介があり、続いて(1)就活開始から内定までの経緯、(2)学生生活、(3)現在の職務、(4)後輩へのメッセージの順に説明があった。この中で応募した企業数が100社になったとか、試験に落ちて気持ちが落ち込み、友人と悩みを共有したり情報交換でそれを乗り越えたとか、そういうことが就活を乗り越えるために不可欠であり、インターンシップのような就業体験も仕事選びに役立った等の話があった。
 その後、休憩をはさんで参加者の質問にパネラーから回答があり、最後に初任給で両親に食事や旅行のプレゼントをしたなどほほえましい話も紹介された。
 シンポジウム終了後、社会学部食堂で懇親会を開催、就活に役立てようとパネラーたちと真剣に向き合う光景が見られ、最後に校歌を歌い会を締めくくった。当日は学生、教職員、同窓会役員を併せシンポジウムに95名、懇親会に60名の参加があった。(文/写真・馬鳥)(画像をクリックすると大きな画面が出ます

パネラー・コーディネーターのみなさん
パネラー・コーディネーターのみなさん
シンポジウムの様子
シンポジウムの様子
懇親会場にて
懇親会場にて
校歌を全員で
校歌を全員で

【2012.6.23】第3回経済学部ディベート大会開催
 6月23日(土)、13時から百周年記念館国際会議場にて、第3回経済学部ディベート大会決勝戦が開催されました。教授、同窓会の方々、学生83人が集まる大会となりました。
 決勝戦は16チームによる予選を勝ち抜いた佐藤ゼミとつる見ゼミとで行われました。「原発廃止の是非」という論題のもと、両者が肯定、否定両方の立場から議論できる入れ替え戦を実施し、白熱した議論が展開されました。互いに全力を尽くした結果、昨年準優勝の佐藤ゼミが優勝、つる見ゼミが準優勝となりました。
 私は学生会としてディベート大会に関わらせていただきましたが、大会に対する経済学部生の熱意を感じる場面が多く、意義深い大会を開催できたことを嬉しく思います。参加チーム数の増大などさらなる活性化を目標とし、今後も経済学部生の意欲を存分に発揮できる大会の運営に努めていきたいです。
 本大会も教授や同窓会の方々、多くの学生に支えられ無事成功を収めることができました。毎回の温かいご支援、ご協力に心より御礼申し上げます。(文・経済学部学生会ディベート担当 経済学科3年 杉田千明/写真・菅野)(画像をクリックすると大きな画面が出ます

渡部亮先生の開会挨拶
渡部亮先生の開会挨拶
両チームによる決勝戦
両チームによる決勝戦
喜びの佐藤ゼミ
喜びの佐藤ゼミ
喜びのつる見ゼミ
喜びのつる見ゼミ